医学部合格のために梅田の予備校に行きました

偏差値ばかり気にしていても仕方がない

医学部 予備校 梅田医学部予備校レクサス教育センター

自分が第一志望にしているところでは、受験でどんな問題が出やすいのかということも網羅している講師ということもあり、受験が近づいていくにつれて、よりポイントを押さえて教えてもらうことができて良かったです。
予備校はサボろうと思えばサボることもできる感じですが、サボらないことが大切だということもわかっていたし、きちんと通おうと思うことにも繋がりました。
模試などの偏差値を最初はかなり気にしてしまっていましたが、偏差値ばかり気にしていても仕方がないということもだんだんと理解していくことができるようになりました。
自宅でも、どうやって学んで行ったら良いのかということを予備校に通うことによって理解することができたし、効率よく学んでいく方法を知ることができたのは本当に良いなと思いました。
毎日長時間勉強をすることで、集中力が切れてしまうタイミングももちろんありましたが、そういった状態の時にも講師の人はしっかり見抜いてくれていたし、必死に頑張るばかりで途中でパワー切れしてしまっては意味がないということも教えてもらうことができ、時にはゆっくりする時間も必要だなと考えリフレッシュしたことで、より学んでいくことができたんじゃないかなと思いました。
受験をした時にも、本当に予備校で模擬テストとして出題してもらったところが出たのでびっくりしました。
無事に合格することができたということを伝えた時には、本当に喜んでもらえて嬉しくなりました。

今日限り!
販売終了いたします!
【必勝!合格パス】https://t.co/fPKawB7YR0 #受験生 #自宅浪人 #医学部 #理系 #国公立大学 #勉強場所 #予備校 #大阪 #梅田 #難波 #東大 #京大 #阪大 #関関同立 #現役合格 #センター試験 まであと

— コワーキングラボ「Co:Labo難波」 (@coworklabonamba) 2017年4月29日

両親にすすめられて予備校に通うことにした少人数制で熱意のある講師が在籍する所に決めた偏差値ばかり気にしていても仕方がない